HOME > スタッフブログ > 手作りおやつ&肩こりに悩む皆さんへ
やすらぎスタッフブログ

手作りおやつ&肩こりに悩む皆さんへ

新宿店の吉本です。

またまたまたまたスコーンを戴いちゃいました♪
私と向山の分と沢山焼いてくださいました
ほんとにうれすぅい~~ツ!ありがとうございます!
早速、小腹が空いてしまったのでコーヒーを淹れておやつ・・・
今朝も少しトースターで温めて戴きましたが更に美味しかったです。

 

IMG_3340

 

さて、今日は肩こりについてお話してみようかと思います

肩こりは『日本人の国民病』ともいえる症状の一つです。

国民の80%の人が経験しているのにちゃんとした解決方法が確立
されていないのも事実です。

 

「筋肉 乳酸 イラ...」の画像検索結果

★皆さんは肩が凝るとどうされますか?

 

肩をギュウギュウ押したり揉んだり叩いたりしてマッサージを
している方が多いと思います。

それがイタ気持ち良いから繰り返しやってしまうんですよね。

 

★でも、本当に肩こりがなくなったことってありますか?

 

一生懸命、揉んだり押したり叩いたりして気持ちいのは
その時だけで、またすぐに張ってきて
だんだんとマッサージをする力が強くなってきます。
最終兵器は木の棒かU字フックでグイグイとやらないと
気持ちよく感じない!なんてことになってしまいます。

 

★では、なぜそうなってしまうのでしょう?

 

私たちの身体には防衛本能といって外部からの刺激に対して
自分の身体を守ろうとする働き(防御本能)が備わっています。

 

例えば、熱いものを触ったときに手を引っ込めるとか
ボールが飛んできたら身をすぼめたりするなど体に強い刺激を
受けると私たちの体は筋肉を緊張させて自分の身を守ろうとします。

意識とは関係なく身体が動くといった反応が防衛本能ですね。

 

筋肉の反応としてまず
・強い力、弱い力に関係なく身体に何かが触れた瞬間に一瞬緊張する。
・一旦緊張した筋肉は、その圧力が強いのか弱いのかを瞬時に判断し強い力ならそのまま緊張し、

 弱い力なら緊張を緩める。

と、このような反応をします。
そうでないと自分の身体を守れないからなんです。

 

つまり、肩を揉んだり押したり叩いたりした強い刺激は
より緊張を強くし肩こりを激しくさせてしまいます。
マッサージの様な強い刺激はカラダにとって攻撃を受け続けていると判断するんです。
それでも、常に重く痛くて辛いから気を紛らわすために揉む・押す・叩くなどの刺激を
求めてしまい 一瞬楽になるけどまたすぐに辛くなるという悪循環を繰り返してしまいます。

 

では、どうすれば良いのか!?

まず、押す・揉む・叩くをやめて優しく指の腹で撫でてみましょう
ほんとに優しく赤ちゃんの頭を撫でるくらい優しくです。
なかなか自分でやるのは手が届かないのでパートナーにやってもらうと
いいですね♪

 

それでも良くならないと思われましたら一度当療法院へご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です