HOME > スタッフブログ > 恵比寿療法院やすらぎってどういうところ??❷
やすらぎスタッフブログ

恵比寿療法院やすらぎってどういうところ??❷

みなさま、こんにちわ~(*’ω’*)

恵比寿療法院やすらぎの廣田です。

 

お待ちかねの(⇒え?誰も待ってない?)

やすらぎ」についてご紹介第二回でございます。

 

 

 

さて、突然ですがここで問題です☆

 

「やすらぎ」では、あなたのからだを施術する前に

とても大切にしていることがあります。

 

それはなんでしょーか!?

 

ヒントです。

 

 

 

それは、あなたご自身にも関わりの深いことです。

というか。

私達だけでは無理で、あなたの協力なしにはできないことです。

 

 

 

 

難しいですかね?

 

ちなみに、二人羽織でも二人三脚でもないですよ。

 

 

ふふふ~( *´艸`)

教えよっかなぁ~

どうしようかなぁ~

 

 

 

イラッとするからもう答えを教えなさいって?

 

 

すみません・・・(しょぼん)

 

はい、お答えします!

 

 

 

 

 

 

 

それは何かと言いますと・・・

 

 

 

「やすらぎ」は、施術前の問診を大切にしております。

 

初対面なのに根ほり葉ほり聞いてくるなんてはしたないわっ!

なんてお怒りにならないでくださいね。

 

これ、実はとっっっっっっても大事なコトなんです。

 

 

 

え?

そんなこと??

 

そうおっしゃりたいお気持ちはわかります。

 

 

 

そもそも、どんな症状か聞くことは当たり前でしょ?

 

いえいえ、世間ではそんなことないんですよ~。

 

 

 

 

施術前の的確な問診なくして、無痛ゆらし療法はならず!!

 

大切なので名言風に言ってみました(笑)

 

 

 

あなたも経験されたことありませんか?

 

痛みが辛くてお医者さんに行ったら、果てしない時間を待たされたあげく、

お医者さんと話したのはわずか数分。

 

医者  「いつからどこが痛いですかー?」

あなた 「あ、ちょっとここが数日前から・・」

医者  「はい、わかりました。いいですよー。」

あなた 「あ、はい・・(これだけ?)」

 

そして。

あとはまた延々とお薬が出るのを待つだけ・・・・。

 

 

お医者さんは、痛いところを患者さんから聞いて

すぐに知識と経験から原因はここでしょ、と推測してお薬を出す。

 

あなたのお気持ちはともかくとして

それはお医者さんとしては当たり前の対応です。

何も間違っていません。

 

 

 

ただ、残念ながら。

無痛ゆらし療法では、その問診だけでは施術ができないんですね。

 

 

 

 

例えば。

 

あなたが右膝の痛みで初めて「やすらぎ」にいらしたとしましょう。

 

 

あなた 「右膝が痛いんです。」

 

施術者 「それは大変ですね。

 

では、いつからですか?

 

何か処置はしてますか?湿布は?薬は?

 

それはどのように痛いですか?

 

右膝のどこが痛いですか?

 

立つと痛い?座ってても痛い?伸ばしてると痛い?曲げると痛い?

 

立ち上がる時に痛い?座る時に痛い?歩くと痛い?ジャンプすると痛い?

 

などなど・・・・・・」

 

かなり細かく伺います。

 

 

なぜならば。

 

 

お答えによってすべて施術する場所や方法が変わってくるからなんですね~。

 

あなたの話を伺いながら、施術者は

ここが痛くなくてこうすると痛いなら原因はここでしょう、とか

だからこの施術をしよう、とか。

 

そんなことを考えています。

 

 

もしくは、右膝が痛いと仰ってるけど、膝が原因じゃないなぁ・・

なんてことを思うこともあります。

 

あら、びっくり( ゚Д゚)

 

でも、これ。

本当にある事なんです。

 

 

 

なので、問診はとても大切!!なんです!!!!

 

 

という訳で、あなたも問診が始まったら包み隠さず

こんなこと関係ないかも?なんて思わず

気になる事はなんでもドシドシお教えくださーい!

 

適切な施術をするためには、あなたのご協力が必要です。

 

 

 

「やすらぎ」からのお願いでした☆彡

 

 

次に続く・・・・・・かも。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です