渋谷で捻挫・腰痛・膝痛なら整体へ|膝痛をやわらげるためのストレッチ|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > 膝痛をやわらげるためのストレッチ

膝痛をやわらげるためのストレッチ

膝痛の場合、太ももの筋肉やふくらはぎ、アキレス腱の過度の緊張をなくすことで膝にかかる負担はやわらぎます。膝痛にお悩みの方は、下肢のストレッチを一度行ってみることをおすすめします。

ストレッチを行う際に気をつけること

ストレッチを行う際には、服装・呼吸・痛み具合に気をつける必要があります。ストレッチは筋肉を伸ばすことが目的なので、身体を締め付けない、ゆったりした服を着用し、ゆっくりとした動作で行います。

呼吸は、伸ばす時には息を吐き、息を吸いながら元の姿勢に戻します。痛みがある時や調子が悪い時に行うと状態が悪化することもあるので、その際は無理に行う必要はありません。

太もものストレッチ

太ももの前側を伸ばす

片足立ちをして曲げる足をつかみお尻方向に折り曲げる。右足を曲げるのであれば左手はささえとして、壁や椅子、その他につかまり体勢をととのえる。
そのあと、無理のない程度に上体をゆっくりと後ろに倒し、気持ち良いと感じる角度で止め、10秒程度その状態をキープします。これを左右各5回程度行います。

太ももの裏側を伸ばす

床に座って片方の脚を曲げ、片方の脚は伸ばし、伸ばした方の足首を両手で触るように上体を倒します。この時、背中を丸めないように倒し、気持ち良いと感じる角度で止め、10秒程度その状態をキープします。これを左右各5回程度行います。

ふくらはぎ・アキレス腱のストレッチ

ふくらはぎ・アキレス腱のストレッチ

ふくらはぎを伸ばす

立った状態で片脚を前に大きく踏み出し、踏み出した脚の膝あたりに両手を乗せ、体重をかけていきます。この時、後ろにある脚の足首はしっかり床につけ、ふくらはぎが伸びていることを意識し、10秒程度キープします。 これを左右各5回程度行います。

アキレス腱を伸ばす

正座をして片脚だけを立て、立てた脚を胸で押しながら上体を前に倒します。この時、アキレス腱が伸びているのを感じながらゆっくり伸ばし、10秒程度キープします。これを左右各5回程度行います。

膝痛をはじめ、肉離れ腰痛捻挫肘痛にお悩みの方や整体院をお探しの方は、渋谷区にあるやすらぎへお越しください。渋谷区恵比寿にあるやすらぎでは、身体に一切の負担や痛みを与えず、身体の不調をやわらげていきます。
また、やすらぎでは、個人個人の状態や生活環境に合わせて、実践可能な日常ケアの方法もアドバイスさせて頂きます。渋谷区内、または渋谷区周辺にお住まいの方はどうぞご来店ください。

 

渋谷で整体をお探しなら【やすらぎ】 膝痛・捻挫・肘痛・肉離れなど / 概要

名称 恵比寿療法院やすらぎ
所在地(恵比寿) 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-20-8 コンド恵比寿11階
電話番号 03-3463-1516
URL http://www.pst-a.com
対応症状 膝痛・肘痛・腰痛・捻挫・肉離れ・オスグッドなど
説明 渋谷にあるやすらぎでは、膝痛をはじめ、捻挫や肉離れなどの早期回復を目指した施術を行っております。痛みに悩む方に合わせた完全オーダーメイドの「無痛ゆらし療法」で痛みにアプローチします。
日本
都道府県 東京都
市区町村 渋谷区

 

コラム

膝痛にならないための生活習慣
膝の構造と働き
膝痛になりやすい人の特徴
膝痛をやわらげるためのストレッチ
子どもに発症するオスグッド病とは

将来膝痛が起こるかどうかをチェックする方法
膝痛を防ぐために日常生活の動作で気をつけたいこと
膝痛と腰痛の関係性
膝痛の種類と主な原因
オスグッド病を改善するために