膝痛は新宿にも店舗がある当院へ|捻挫や肘痛、腰痛も|日常生活の動作|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > 膝痛を防ぐために日常生活の動作で気をつけたいこと

膝痛を防ぐために日常生活の動作で気をつけたいこと

膝痛で多い変形性膝関節症は、加齢が大きな原因とされています。しかし、変形性膝関節症は日常生活の動作も大きく影響しています。そのため、日常生活の動作に気をつけることが膝痛予防につながります。

階段の上り下りをする時

階段の上り下りをする時

階段を上り下りする際、膝には体重の2〜3倍の負担がかかるとされ、特に下りる時の負担が大きいです。そのため、階段の上り下りは「1段2足」で行いましょう。

上る時は痛みの少ない足で1段上り、痛みが強い足をそろえます。下る時は痛みの強い足から1段下り、痛みの少ない足をそろえます。

立つ・しゃがむ時

急に立ったり座ったりするのはNGです。急激な動作は膝に大きな負担を与えますので、立つ時やしゃがむ時には動作を一つ一つ区切り、ゆっくり行いましょう。

座り方の注意点

正座や横座りする時

膝は深く曲げるほど負担がかかりますので、座り方には注意が必要です。膝痛を予防するためには、常日頃無理のない屈伸運動を行いましょう。

又、正座は大腿四頭筋がよく伸びますのでおすすめです。曲げる角度によって痛みが出る場合は、お尻に座布団をはさんでください。そのうちに座布団をはさまなくても座れるようになります。膝痛には大腿四頭筋を伸ばすことが重要です。

立ちっぱなしの時

立っている時、膝には自分の体重の重さがかかっていますので、立ちっぱなしの状態が続くと膝への負担は大きくなります。そのため、調理や洗顔を行う際は椅子に座ったり、何かにもたれたりすることをおすすめします。また、調理の際は、片方の足を低い台や積み重ねた雑誌の上に乗せるだけでも膝への負担は軽くなります。

荷物を持ち上げる時

荷物を持ち上げる際は、しゃがんだ状態から持ち上げるようにしましょう。荷物の正面に身体がくるようにしゃがみ、荷物を自分の前に近づけます。荷物を両腕でしっかり固定したら、太もも・お尻・腰の筋肉も使うことを意識し、腕の力だけでなく全身を使って持ち上げます。

お身体の痛み・しびれ・違和感・倦怠感などでお悩みの方は、恵比寿にあるやすらぎへお越しください。恵比寿駅からもほど近いやすらぎでは、整体のようなバキバキと骨を正す方法ではなく、身体をゆっくりと揺らし筋肉の緊張を和らげていく施術を行っております。膝痛以外にも、肉離れ腰痛捻挫肘痛などにも対応しています。やすらぎは、恵比寿以外にも銀座と新宿にもございますので、お近くの店舗をご利用ください。

 

新宿で整体をお探しなら【やすらぎ】 膝痛・捻挫・肘痛・肉離れなど / 概要

名称 恵比寿療法院やすらぎ
所在地(新宿) 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目1-7 新宿ダイカンプラザA館516号
電話番号 03-6908-5107
URL http://www.pst-a.com
対応症状 膝痛・肘痛・腰痛・捻挫・肉離れ・オスグッドなど
説明 新宿にあるやすらぎでは、膝痛をはじめ、捻挫や肉離れなどの早期回復を目指した施術を行っております。痛みに悩む方に合わせた完全オーダーメイドの「無痛ゆらし療法」で痛みにアプローチします。
日本
都道府県 東京都
市区町村 新宿区

 

コラム

膝痛にならないための生活習慣
膝の構造と働き
膝痛になりやすい人の特徴
膝痛をやわらげるためのストレッチ
子どもに発症するオスグッド病とは

将来膝痛が起こるかどうかをチェックする方法
膝痛を防ぐために日常生活の動作で気をつけたいこと
膝痛と腰痛の関係性
膝痛の種類と主な原因
オスグッド病を改善するために