一度なったものは治らないと言われたヘルペスを克服|ヘルペス|お客様インタビュー|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > お客様の声 > ヘルペス > 一度なったものは治らないと言われたヘルペスを克服

一度なったものは治らないと言われたヘルペスを克服

(※効果には個人差があります)

「一度なったものは治らない」と言われ、ショックと不安で気が滅入っていた井口博之さん(仮名)に、ヘルペスを克服したお話を伺いました。

ー いつからどのような症状でしたか?

 

去年の秋頃、性器の部分にヘルペスが出てきまして、焦って泌尿器科に行きました。

2ヵ所の病院に行ったんですが、「一度なったものは治りません」と言われました。

 

最初に行った病院はインフォームド・コンセントが全くダメな頭が堅い医者で、ヘルペスで定番の薬だけ渡して「いつ再発するかわかりません」と投げっ放しでした。

 

それで、よくヘルペスの患者さんが来ると言われる他の病院へ行きました。

そこの先生はすごく良心的で対応がよくて、話をよく聞いてくれたので、精神的には楽になりましたね。

そこでもらった薬は最初に行った病院と同じ薬だったんですが、飲んだら症状も治まりました。

でも結局「再発したらまた来てください。」と言われ、「これで本当に治ったのかな?」と精神的にとても不安でした。

 

薬を2〜3週間飲んで症状は治まっても、腰と鼠径部の痛みはずっと残っていました。

医者に言ったら「この痛みは神経痛のようなもので、仕事の疲れであってヘルペスの症状ではないだろうと思われる」というようなことを言われて、「どういうことだろう?」といまいち理解できずにいました。

 

自分は、1年前から運送の仕事で、夜通し長距離を運転をしているので、長時間働いて、帰ったら寝るだけという昼夜逆転の不規則な生活でも「そのうち慣れるだろう」と辛抱してやってきたんですけど、身体が悲鳴をあげたんでしょう。

その上、日常生活がままならないような痛みを抱えながら、仕事をしなければいけないので、悪循環ですね。

 

ムズムズする違和感や腰の痛みから「これは再発するのでは?」と思うとやっぱり不安で、「たぶん完治できないから、首つるしかないかな…」と思ったくらいです。

今思えば笑っちゃうんですけど。

 

 

ー やすらぎはどのように知りましたか?

 

インターネットでいろいろと情報収集している時に、やすらぎさんのホームページにひっかかりました。

体験者の欄に良くなったと書いてあるのを読んで、それで来ました。

 

療法院としての紹介もそうなんですけど、やっぱり一番見たいのは体験談ですね。

最初は「本当かな?」っていう感じでしたけど、目の前真っ暗ですから、余裕もないし、そこだけを見て、あとは施術を受けてみないとわからないですから。

完治しない、再発するといわれている病ですけど、「あーだこーだと言う前に、結果がでるかどうかやってみよう。」と、藁をもすがる状態でした。

この半年間くらいは大分気が滅入っていましたからね。

ー 実際に施術を受けられて、いかがでしたか?

 

ゆらされてる感じで、「これでほんとに治るのか?」と最初は半信半疑のまま、結果がでるまで通ってみようと思いました。

 

一般のマッサージや整体とは全然違って、ゆらしてなおすという概念が自分の中にないので、性器ヘルペスとどう関係があるのかが繋がらないんです。

「本当に大丈夫なのだろうか?」「俺はヘルペスだけ治したいんだ!」と、いろんな疑問を先生にぶつけて、先生はそれに真摯に答えてくれました。

そういった会話を重ねる中で、精神的な負担も減り、身体をいい状態に持っていけて、今思い起こすといい感じですね。

効果を実感したのは4〜5回目で、急激に変わりました。

 

 

ー 今現在はどうですか?

 

ピリピリ感はないです!

1度も再発していないので、精神的にもだいぶ安定しました。

 

まだ腰の疲れや、ちょっと足が冷えるような感覚は残ってるので、最近は「少し運動量を増やしていかないといけないな」とは感じています。

かかりつけのお医者さんには「運転の仕事をやっている人で、健康な人は一人もいない。」って言われました。

それくらい仕事的には、昼夜逆転した中で、ずっと車内に縮こまっている状態なんですね。 

だけど、「骨盤を立てた状態で運転したほうがいい」と教えてもらって以来、腰に枕をあてて、ちょっとそらした状態にしたら、全然つらさが違うんです。

自分でやって、結果がでるので、ありがたいです。

 

結局、免疫力のケアがどれくらいできているか考える余裕もなかったし、今までは若さにまかせて別にいいかなと思っていたことが、ヘルペスがきっかけで、腰痛から身体全部に、気が向くようになりました。

ー 最後に同じ症状に悩む方々に一言お願いします。

 

性器ヘルペスって恥ずかしいし、人になかなか言えないですよね。

困っている人はたくさんいると思います。

 

西洋医学の枠では、「1回なってしまったら治らない。性交渉した時に相手に移してしまうリスクがある。」と言われ、自分よりもパートナーのことや未来を考えた時に、もう目の前が真っ暗になってしまいます。

 

どんなにいいお医者さんに出会っても、再発するかもしれないというリスクを持って生きると、1人で悩んで悩んで、もう本当に首つろうかと思うくらいに悩み込むと思います。

 

だから、ちょっとのことなんですけど、きっかけですね。

試しに来てみる、行動する勇気です。

 

「なってしまったものはしょうがない。じゃあ、これから自分はどうするんだ?」って思った時に、やっぱり前向きになってもらいたい。

他にも何かいい解決方法があるのかもしれないけど、やすらぎさんは場所もいいし、ひとつのきっかけになると思います。

 

 

ー そうですね。皆さんに前向きになってもらいたいですね。本日は貴重なお話しありがとうございました。