キーパーと交錯打撲した影響でオスグッド|オスグッド病・成長痛・セーバー病|お客様インタビュー|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > お客様の声 > 成長痛・オスグッド病・セーバー病 > キーパーと交錯打撲した影響でオスグッド

キーパーと交錯打撲した影響でオスグッド

(※効果には個人差があります)

ゴールキーパーとの衝突をきっかけに膝が痛みだし

順調に回復中のお話を伺いました。

ー いつからどのような症状でしたか?

 

母:最初は、練習中にスライディングシュートをした時に、キーパーとぶつかって膝を打撲してしまい、そのあとしばらく動けなかったんですね。

それから「痛い、痛い」と言ってて、1週間くらいずっと痛かったんですけど、打撲の痛みかな?と思い、そのまま病院には行かずにいました。

 

痛みがあるうちは、氷をあてたり冷湿布をしたりしてだましだましやってて、いったんはよくなったんですけど、その後また「痛い」って言いだしたんです。

 

 

ー その時はどんな痛みでしたか?

 

母:授業中にじっと座ってて、立ち上がる時に痛くてしばらく動けないとか、階段登るのも痛いとか、朝起きてちょっと触るのも痛いと言っていましたね。

 

子:最初の頃よりひどくなった感じがしました。

打撲に似た感じ。出っ張ってるとこを押すと痛かった。

 

これは打ち身による痛みではないのかなと思いまして、整形外科に行きレントゲンを撮ると、膝下の骨が前に出てきていると言われ、「これはオスグッドでしょう」という診断がでました。

 

「とりあえず運動しなければ痛みは和らいでいくので、しばらく休んでください」と言われたので、「痛みは取れるんですか?」って聞いたら、「成長がとまれば痛みは治まるけども、あとは運動しなければ痛くはないよ」って言われました。

 

今6年生なんですけど、18歳くらいまではだぶん成長していくと思うので、「それまでずっと痛いのかな」と思って、ど〜んと落ち込みましたね。そう言われてビックリしたよね。

 

子:うん。

 

母:「運動できないんですか?」って聞いたら、「後遺症は特にないと思うから、痛くてもよければ運動してもかまわないけれども」って言われました。

じゃあ、ずっと痛みを我慢しながら運動して行かなきゃいけないのかなって…。

 

子:走ると、周りの友達とかに「大丈夫?」とか心配されて、やめといたほうがいいって言われてた。

 

 

ー やすらぎはどの様に知りましたか?

 

母:私がインターネットでみつけました。

なんとかしてくれる所はないかと探していたんです。

 

 

ー ホームページを見た時の感想はどうでしたか?

 

母:もう、すごいびっくりしました。

運動をやめない限りは痛みはとれないものだと思っていたので、オスグッドで苦しんでた子供たちがこちらで痛みがとれたっていう症例を見て、最初は半信半疑だったんですけど、とにかく治療方法がないわけですからなんでもやってみようと思いました。

保険がきいたら嬉しいんですけども、もうとにかく金額よりも良くなってくれれば…って最初は思いました。

 

 

ー 今日は2回目ですが、今はどのような状態ですか?

 

子:最初は歩くのも痛かったけど、それはもう良くなってきてて、1回目でジョギングもできるようになってきた。

全力で走るのはまだちょっと痛い。

 

母:そうですね。昨日は正座もできなかったんですけど、今日やってもらった後はできるようになってました。

次の試合に是非間に合わせたいなぁと思っているんです。

 

先生に、「ずっと休んでいたから、いきなり動き出すと筋肉痛になるかもしれない。そうすると、また逆に悪化してしまう状況になることもあります。」って言われたので、なんとかそれは避けなければいけないと思います。

 

 

ー しっかりケアをしていきましょうね。

最後に同じ症状に悩む方々に一言お願いします。

 

子:ここでしっかりよくして、ストレッチを教わって、みんな早く回復してほしい。

 

 

ー 本日は貴重なお話をありがとうございました。  

 

 

 

― 後日、このようなメールをいただきました。

 

「おかげさまでその後順調に痛みが取れて、サッカーを続けています。

施術直後の大会も万全な体調では無かったものの、「また治療すれば大丈夫」という安心感に支えられて全力で試合に挑みまして、活躍する事が出来ました。

年明けの大会と二大会連続して優秀選手に選ばれて、充実感と達成感でいっぱいなまま小学生のサッカー生活を締めくくる事が出来ました。

本当に感謝しています。ありがとうございました。」

 

今後のさらなる活躍に期待しています☆