子供の行事で踊っていたらふくらはぎの肉離れ|肉離れ|お客様インタビュー|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > お客様の声 > 肉離れ > 子供の行事で踊っていたらふくらはぎの肉離れ

子供の行事で踊っていたらふくらはぎの肉離れ

(※効果には個人差があります)

なかなか松葉杖がとれなかった右ふくらはぎの肉離れが回復したときのお話を伺いました。

ー いつからどのような症状でしたか?

 

子供の幼稚園の行事で踊っていたら、右足のふくらはぎにテニスボールがぶつかったような感じがあって、その後立てなくなってしまいました。

周りの人から「つったんじゃないの?」と言われ、痛みをこらえながらしばらくストレッチをして伸ばしていました。

 

つった割にはちっとも良くならず、足を引きずりながら家に帰って、しばらく座っていると、歩けなくってしまって…。

主人に連絡して、夜7時くらいに夜間病院に行きました。

そこで、ふくらはぎの肉離れだと言われました。

 

 

ー その時はどのような対処をされましたか?

 

アイシングをしてもらいました。

次はすぐ来るように言われたので、翌日整形外科を受診しました。

するとお医者さんに、「とりあえず肉離れだから、痛みが引くまで冷やしておいて。」と言われたんです。

松葉杖はいつ頃取れるか聞くと、「歩けるようになったら取れます。」って(笑)

「痛かったら歩けないでしょ!?とりあえず多めに湿布を出しておくから。」と言われて、3週間分の湿布をもらいました。

 

「もう来なくていいよ。」と言われたので、それ以降病院には行っていません。

受診から2週間、ひたすら湿布を1日2回取り替えながら安静にしていたんですが、松葉杖は一向に取れませんでした。

 

友人が心配して、「インターネットにいろいろ出ているよ。」と教えてくれ、肉離れで検索をして、やすらぎさんのホームページを見つけました。 

そこに私と同じような症例がたくさん出ていて、しかも2週間の内に良くなった人がかなりいたんです。

「おやっ!?私は2週間経っても歩けないのになんでだろう…。なんかちょっとおかしいな。」と思いました。

 

 

ー ホームページを見た時はどのような印象を受けましたか?

 

奇跡のようで、はじめはちょっと信じられませんでした。

でも、肉離れや他の症状の体験談がたくさん載っていたので、惹かれるものがありました。

主人も私の怪我のせいで、家事と育児への負担がかかり、ちょっとぎっくり腰気味になっちゃったんですよ。

そこで主人と相談して「ぎっくり腰にも良さそうだから、じゃあ試しに一回行ってみよう。」ということになりました。

 

初めて電話した時に、親身なアドバイスをたくさんいただき、こんなに親切にしてくださるのなら信頼できそうだなって思いました。

 

 

ー 実際にPSTを受けてみてどうでしたか?

 

実は、1回目で松葉杖が取れると思っていたんですけど、取れませんでした。

私はてっきり、もう2週間経って良くなりかけてるはずだから、施術を受ければグンと良くなると思っていたんです。

でも先生の説明によれば実は逆で、2週間も間違った形で固定していたので、患部以外の筋肉もガチガチに固くなってしまっていたそうです。

 

ちょっと回数はかかると言われ「まぁ、そこは仕方ないなぁ」と思いましたが、家に帰って横になった時、足の下に枕をあて、高くしていないと寝られなかったのが、前よりも楽になっていました。

すぐに松葉杖は取れなかったけれど、行く前と行った後で全然違うことを実感しました。

 

3回目あたりから、施術直後にすごく楽になっていることを実感できるようになりました。

さらに先生が必ず帰りに、ストレッチや歩き方など、家でできることをアドバイスしてくださったので、それを毎日一生懸命やりました。

 

 

ー 今日は5回目ですが、痛みや違和感はどうですか?

 

肉離れ自体は前回でほぼ終わり、今日は別の症状のことで来ました。

先天性股間節症で、足の付け根がずっと気になっていたので、一緒にみていただきました。

肉離れは、前回の4回目と今日とで、ぐんぐん回復していくのが実感できて、すごく嬉しいです。

 

 

ー 最後に同じ症状で悩んでいる方に、なにかアドバイスをお願いします。

 

やはり、お医者さんは選んだ方がいいと思いました。

今まで怪我に限らず風邪などでもとかく医者任せで、すぐに病院へ行こうとしていました。

それよりも「もっと自分の本来の力を信じた方が良い」ということを、今回教えてもらいました。

また、主婦が怪我をすると、やはり色々な面で家族に負担がかかることを痛感しました。

病院で保険を使って何ヶ月も治療するよりは、やすらぎさんで短期間でなおした方が、結局は経済的ではないかと思います。

 

 

ー 本日は貴重なお話ありがとうございました。