施術の流れ|無痛ゆらし療法とは|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > 無痛ゆらし療法とは > 施術の流れ

施術の流れ

来院されたら受付スタッフが「こんにちは」とお迎えします。

お席にご案内し、カウンセリングシートにお悩みの症状を書いていただきます。

細かな経緯は担当の施術者が聞いて書いていきますので、全部書かなくても大丈夫ですよ。

お水もあるのでご自由にお飲みくださいね。

動きやすい服に着替えていただきます。

タオルかハンカチもご用意くださいね。

(ジャージやタオルを忘れてしまった、または、会社から来たので用意できなかったという場合は、お伝えください。お貸出しいたします。)

担当の施術者がベッドへご案内します。

「はじめまして、担当いたします○○です」「▲▲な症状でお困りですね。いつから、どんな風にでてきましたか?」
など、症状の経緯や、痛めた原因などを詳しくお聞きします。
今のからだの状態や、辛いことなどを具体的にお話しください。
からだのあちこちに痛みがある場合は、まず一番気になって困っているところから聞いていきます。

ベッドに横になってもらい施術をはじめます。

これから、痛いこと、違和感があることは一切しませんのでご安心ください。

逆に、動かしている時や、寝ているだけでも痛みがあるようなら我慢せずすぐに教えてくださいね。我慢をしていると、痛みが抜けにくくなりますから、我慢は禁物です。

 

仰向けが辛ければ、横向きで、寝れなければ座った状態からでも施術はできます。

なるべく楽で、リラックスする状態で施術をしていきます。

寒かったり、熱かったりするのも教えてくださいね。

からだをゆらしたり、やさしくひっぱったりしながら緊張を抜いていきます。

筋肉の緊張がゆるむと、ゆがみや捻じれなど、骨格の修正がききやすくなります。

施術者は、痛みの元となる筋肉の緊張を探しながら触っていきます。

「ここは痛いですか?」「ここを動かすとどうですか?」

など、あなたのからだの状態を細かく見ながら施術を進めていきます。

私の身体なんでこうなっちゃったの?と聞かれることがあります。

ご本人が痛めた経緯が思い当たらないことはよくあるので、恥ずかしがったり、心配しなくても大丈夫。

施術者は、あなたのお仕事やスポーツのこと、普段の過ごし方などについてお聞きし、

からだの状態と合わせて見ていくと、問題点を把握しやすくなります。

「こんなことは関係ないかな。」と思う事から、意外な原因が分かることがあります。

痛みの確認をしていきます。

「今、動かしてみて痛いですか?」「この動きはできますか?」

「先ほどに比べて痛みの大きさはどうですか?動かしやすさはどうですか?」

 

痛みが大きく残っていたり、何も変化していないようなら遠慮せずに話してください。

あなたのからだの変化を細かく見ながら仕上げの調整をします。

施術後のアドバイス

施術後のからだは緊張が取れて柔らかくなり、痛みが緩和されています。

その状態を保持し、いつものあなたに戻れるように、

「ご家庭でのケア方法」「気をつけてほしいこと」などをアドバイスいたします。

これからからだを傷めずにスポーツをするコツや、疲労の取り方などのアドバイスもいたします。

 

施術の回数や期間は、担当の施術者が、あなたのからだの状態とあわせて提案いたします。