顎関節症|症例解説|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > 症例解説 > 顎関節症

顎関節症

クイック解説

 

顎関節症とは?

 

一般病理学によると

 

口の開け閉めや話をする時などにガクガクと音がしたり、痛みやあごの可動域が制限される場合のこととされています。

原因としては歯並びなどのかみ合わせの悪さや噛むことによる筋肉の緊張、ストレス等の心因性、外傷によるもの等があります。

治療法は、鎮痛剤や筋弛緩剤、金属や機械を入れる矯正、カウンセリング等があります。

 

やすらぎでは

 

顎関節症は習慣的なあごの使い方や姿勢、外傷などによる筋肉の異常緊張によって起こると考えています。

緊張をとり、あごの動きの修正をすることで痛みを解消し、あごの動きを本来の自然な形に戻すことが出来ます。

顎関節症体験談 (※効果には個人差があります)

顎関節症|首肩のコリ|頭痛 35歳 女性

 

― 施術前の状態

 

首肩がこってしまって、頭痛もします。

市販の薬を飲んでも、あまり効き目が無く、首肩もいつもこっている感じです。

 

― 施術を受けて

 

頭痛と首肩のコリは1回で良くなりました。

押したりはしないので、ほんとに良くなるのか、施術されているときは分かりませんでしたが、終わってみると、首が良く動きます。すごいですね。

原因が顎関節にもあるとのことで、自分でも確認してみました。

確かに以前から、あごがかなりガクガクいってましたし、あごを閉じるとき変なふうにしか閉じれないので、はっきりいって諦めていました。

特に痛みも出ていなかったので、大丈夫だろうと思ってたんです。

まさかこれが肩こりや頭痛の原因の一つになっていたとは思わなかったです。

施術して頂くと確かにあごを閉じるときの引っかかりやゴキッとした音も少なくなり、かなりスムーズに動かせるようになりました。

今まで口をあんまり大きく開けると、あごが外れそうで怖かったのですが、今回3回目でかなりいい感じです。

頭痛も今では出ていないです。

口がスムーズに開け閉めできるだけでこんなに気持ちいいものなんですね。

ありがとうございました。