半月板損傷体験談 [4]|半月板損傷|お客様インタビュー|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > お客様インタビュー > 半月板損傷 > 半月板損傷体験談 [4]

半月板損傷体験談 [4]

痛みを我慢して登山したことから状態が悪化、半月板損傷が発覚して来院された安田恵子さん(仮名)。

回復までの経緯をお伺いしました。

ー いつからどのような症状でしたか?

 

今年の8月の上旬くらいから右膝の痛みを感じていました。
9月の連休の時に山登りをしてから膝の痛みが最悪な状態になりました。

 

もうとにかく痛いので整形外科に行きました。
レントゲンを撮り、痛み止めの飲み薬を処方されましたが、痛みは改善されないので、別の病院へ行くことにしました。

レントゲンとMRIを撮り「半月板損傷」していることがわかりました。
そこでは痛み止めの飲み薬と、ヒアルロン酸の注射を3回打ちました。

 

 

ー 3回、注射を受けてどうでした?

 

よくならなかったです。
その時はいいかなと思ったのですが、一時的で、痛みはその後も全然変わらなかったです。

 

「ヒアルロン酸、結局あれは、直接は効かないんだよ」と言われ、

「手術をしたらどうか」と提案されました。

しかし、手術をすすめる割には「手術もリスクがある」って言うんです。

後遺症とか、その後のことを考えると不安になりました。

 

 

ー 今まで薬で様子見ましょうだったのに、それが手術って言われると急に焦る。深刻になりますよね。

 

はい。なので、膝の手術ってどんなリスクがあるんだろと調べました。

あれこれ調べている時、やすらぎさんのホームページに辿り着きました。

 

こちらの書いてあることが、普通のマッサージとは違うのかな?という印象を受けて、
体験談なんかを読んでるうちに、騙されたと思って一度行ってやってみようと思って来たんです。

 
やっぱり、身体にメスを入れるのは、本来いいことではないんだなと思ったし、

他によくなる方法があるんだったら・・・という想いですよね。

 

 

ー こちらで施術受けてみていかがでしたか?

 

最初に受けた時はですね、
はっきり言って、その時はあまり状況は変わらないな?と思いました。

でも、次、来る時に「あ、ちょっと違うかな」と感じがしてきて、来るたびにそれが積み重なっていって、5回目位から、「これはよくなってる!」と実感しました。

 

最初、階段が全然降りられなかったんですね。

それが、前向きに普通に降りられるようになって。

本当に、こう1段1段降りるのがやっとで、段差があるところは恐かったですね。

 

立ったり座ったりする時も、何かにつかまらないと痛くて出来なかったですし。

それがスムーズに座れるようになってきて。

痛みを感じずに普段の生活できるようになってきたのがすごくうれしい。良かったなと思っています。

 

こちらに来るまで約2ケ月間、日常生活するのが本当に辛くて、人生の中でこんなに辛い思いをしたことはなかったですよ。痛くなってはじめて、今まで健康に動けていたんだなって思いました。

 

 

 

ー 「手術をしたらどうか」と言われた事についてどう思いますか?

 

そうですね。入院とか手術とか経験がないので憧れはあるんですけどね(笑)

 

手術してちゃんとよくなるって言うんでしたら、やるしかないかなって思うんですけど、
リスクがあると言われたら、なんとか回避する方法はないものか考えますよね。

最初、痛みの原因は年のせいもあるのかな?と思ったりもしました。
「年取ると段々組織は壊れてくるんだよ」なんて言われているし、「ああ、そういうものなのか」、じゃあ我慢して生きていかなきゃなのか、みたいなあきらめもありました。

でも、もともと膝が痛いのを我慢して山に登ったから痛くなったんじゃないか?

だから年のせいで痛いんじゃなくて、この痛みをなんとかする方法があるんじゃないかっていう気持ちもあったんです。

 

こちらに来て施術を受けて、今日で7回目ですが、元の生活にもどりつつあるのを実感しているし、本当によかったなと思っています。

ー では、最後に同じ症状に悩む方に何か一言お願いします。  

 

はい。ぜひやすらぎさんをお勧めしたいと思っております。
この間久しぶりに会った友達が、膝が痛いと言っていて 病院に行ってレントゲン撮っても何ともなかったと。

 

私は「MRIを撮ってみないと、中がどうなっているかはわからないよ」という話と、
あと、「痛み取るなら良いところがあるよ」と言っておきました。

痛いのを我慢していてもなかなか良くならいないですからね、
友達にも無理しないで行った方がいいよというふうに言ってます。

 

 

ー 本日は貴重なお話ありがとうございました。