変形性膝関節症|症例解説|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > 症例解説 > 変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症インタビュー (※効果には個人差があります)

変形性膝関節症

【変形性膝関節症】

「もう無理矢理やるような運動は二度としたくないですね。」

続きを読む

クイック解説

 

変形性膝関節症とは?

 

一般病理学によると

 膝痛の殆どが変形性膝関節症です。
変形性膝関節症(膝痛)は膝のケガや加齢によって膝の軟骨や骨の破壊が進んだ状態と
言われています。
体重の増加やケガなどで関節に負担が掛かり膝の軟骨が痛み、骨も変形してくる病気で膝関節が痛み動きも悪くなります。
関節に水が溜まって腫れてくる事もあります。

西洋医学的な見方によると、膝関節の破壊に伴って炎症を起こし膝の腫れや熱感・痛みが現れ、体重や身体の動きによって生じるストレスが長い間、膝に作用して膝関節の軟骨を壊し、ゆっくり骨の変形が進む為、初期の変形性膝関節症では自覚的な症状はありません。
中期(ある程度軟骨の摩耗が進む)では、膝を曲げた時・立ち上がる時・歩く時に痛みを
伴います。
進行期の膝関節症では、軟骨の摩耗がさらに進み関節の土台の骨が露出したり、骨そのものが変形したりします。

そうなると歩くたびに痛く、曲げ伸ばしにも制限が掛かり日常生活に支障が出ます。
膝関節症は男性より女性に多く60歳以上では女性の約40%、男性の約20%がレントゲン検査により変形性膝関節症と診断されています。

更に80歳では女性で60%、男性で50%近くとの結果が出ています。

また、スポーツ障害とも強く関係している症状のひとつでサッカー・野球・バスケットボール・バレーボール・ハンドボール・陸上・柔道・格闘技・各種ダンス等で急な方向転換をしたときなどに起きやすく注意が必要です。

 

 

やすらぎでは

膝周辺の筋肉が異常緊張することで、筋肉が骨を引っ張って関節間が狭くなってしまい、動かす時に骨や腱の摩擦・圧迫が強くなってしまいます。
その結果、炎症が起きて水が溜まったり、軟骨が潰れたり、関節が変形したりと、様々な症状が現れます。
筋肉の緊張を取り除き、正しく関節を可動させることで、短期間での痛みの改善を実現します。