めまい|症例解説|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > 症例解説 > めまい

めまい

めまいインタビュー (※効果には個人差があります)

桑原 ナツエ 様

【桑原 ナツエ 様】

「病院では“異常なし”と言われ…1回の施術ですごい変化を感じて驚きました。」

続きを読む

クイック解説

 

めまいとは?

 

一般病理学によると

 

めまいの症状は人によって異なりますが、ここでは代表的なものを表記しています。


【回転性のめまい】

自分自身または地面が回転しているような感覚で、酷い時は倒れる事もあるそうです。

多くは三半規管や前庭神経など、耳の障害で生じると考えられています。


【浮動性めまい】

頭や体がフラフラする状態で、歩くとふらつく事があり、小脳・中枢神経の問題や、高血圧などで生じると言われています。

麻痺や意識障害を伴う場合は、腫瘍や脳梗塞などが疑われるので、一度専門医の検査を受けた方が良いでしょう。


【立ちくらみ】

血の気が引き意識の遠くなる感覚で、「起立性低血圧症」や「起立性血圧調節障害」と呼ばれていて、高血圧や動脈硬化などの症状がある方は、注意が必要とされているそうです。


【頭部外傷後めまい】

頭部の外傷が原因で、めまいが起こると言われる物で、症状が現れるまで数日〜1ヶ月程かかる事もあるようです。

受傷後何年も続く「頭部外傷後遺症めまい」は、精神的ショック等が影響する可能性も。


一般的な治療は、投薬(抗めまい薬・吐き気止めなど)や手術、理学療法などがあるそうです。

また、睡眠不足やストレス・自律神経の異常も原因の一つといわれ、休養・安静が必要とされています。

 

やすらぎでは

 

めまいが起きる理由として、大きく分けて4つの原因があると考えています。


【肩周辺から首の筋肉の緊張】

筋肉の緊張が血管を収縮してしまい、脳へ送られる血液が充分ではなく、脳の酸素不足や一時的な貧血のような状態が起こると考えています。


【耳周辺と顎関節の筋肉の緊張】

耳や額関節周辺の緊張によって、三半規管・顎関節に問題が生じ、めまいが起こると考えています。


【全身のバランスの崩れ】

めまいは、自律神経の障害や、一過性の血圧の上下などでも起こります。


【ストレス】

人間関係や仕事のトラブルなども、めまいの原因の背景にあるようです。


やすらぎの手法は、やさしく身体にアプローチし、めまいを効果的に回復させることが可能です。


肩や首周辺の筋肉の緊張を解消し、脳への血流を充分確保する事で、めまいの早期回復を実現しています。

耳・顎の周りの緊張を取り、顎関節の調整をすることで、めまいが解消される例も数多く見られます。

全身の施術を行うと、自律神経のバランスが改善され、身体がリラックスした状態になり、めまいの解消にも有効です。

身体の状態の改善から、心の問題のストレスに好影響を与えることで、めまいの改善も促します。


どこへ行っても改善されなかった方は、是非ご相談ください。

めまい体験談 (※効果には個人差があります)

53歳 女性

 

― 施術前の状態

 

普段から肩こりはありましたが、1ヶ月程前から首を左や後ろに倒すと激しいめまいがします。
酷いときには立っていられない程です。
整形外科で牽引をしてもらいましたが、なんだか悪くなる一方です。

 

― 施術を受けて

 

初めの頃は楽にはなりましたが、首を後ろに倒すとまだ少しめまいが残っている感じがありました。
先生の話では、椎間板に問題があり、良くなるまでに多少時間がかかるとのことでした。
週1回、忙しい時は2週に1回位のペースで通いました。
徐々に良くなり、2ヶ月後には首を倒してもめまいがしなくなっていました。
ありがとうございました。