膝の水体験談 [1]|膝の水|お客様インタビュー|恵比寿療法院やすらぎ

MENU


HOME > お客様の声 > 膝の水 > サッカーの試合中に衝突。膝の水を抜いても変わらない痛み

サッカーの試合中に衝突。膝の水を抜いても変わらない痛み

(※効果には個人差があります)

サッカーの試合中に膝を痛めてしまったお話を伺いました。

ー いつからどのような症状でしたか?


去年の夏にサッカーの試合がありました。

試合中にルーズボールを追っていった時、相手チームのディフェンダーと正面衝突をして、膝を痛めました。

ボールをはさんで相手とぶつかり、たぶん膝が内側に入り、体重がかかったと思います。
激痛が走り、地面に足を付く事ができず、歩けませんでした。

 

 

ー その後、どのように対処しましたか?


その日は日曜日だったので、翌日の朝、整形外科へ行きました。
レントゲンを撮って、「外側足副靱帯損傷と半月板に傷があるかな。」と言われて、包帯を巻いてもらいました。
腫れがあったので「1週間後くらいから、リハビリとして暖めと電気治療を始めましょう。」ということで、片方だけ松葉杖で2月いっぱいまで、半年間通ってました。

ずっと暖めと電気治療のみで、膝を動かすようなリハビリを教えてもらい、家で1週間過ごし、その後痛みのないように動かしていました。

 

少し動かすと水が溜まり、結局2回水を抜きました。

でも、水を抜いたからといって痛みが無くなる訳ではないんです。
ただ腫れて曲がらないのが、曲げられようになるだけですね。

とにかく動かせないことが、すごいストレスでした。

ー やすらぎはどうやって知りましたか?

 

このままではらちがあかないなと思い、インターネットを見ていて、やすらぎを見つけました。
その時は「どうなんだろう、ここは…」と気になっていたんです。

そんな時、昔からのサッカーの知り合いに電話で「私も膝を痛めてしまったんですけど、どこに通っているんですか?」って聞いたんです。
そうしたら「私の行っている所は(技術が)高いよ。」と言うので、「もしかして、やすらぎという所ですか?」と聞くと、「なんで知ってるの?今、私やすらぎにいるから。」って言うのです。
症状を電話で説明したら「大丈夫!」と言われて、しばらくして「2時半なら空いてるけど、来る?」と電話があったので、「行きます!」と、それが最初です。

 

 

ー 実際施術を受けてみてどうでしたか?

  

「本当にこれで治るのかな?」という感じでした、感覚としては。
その時は階段を降りるのが一苦労だったので、ひとまず階段を降りられればと思いました。
施術を受けた後に試したら、小さな段差は大丈夫になっていました。
たださすがに駅の階段は段差が大きいので、やっぱり痛いなって感じでした。
でも、翌日も予約して施術を受けた後、「あぁ、大分違ってきたかな。」と思い、3回目で「あっ!なんか膝が軽い!」ってなりました。
階段の昇り降りも、少しずつスムーズになりました。

正座ができなかったし、痛みと筋力が落ちていることで、荷重が掛けられないので、自転車に乗っていて、

人とすれ違ってバランスを崩した時に、何度も転んでいました。
でも、少しずつ踏ん張れるようになって、楽になったなと思います。

ー サッカーの練習などでの変化はどうでしたか?

 

大分良くなってきたなと思います。

今年の春から練習を再開しました。

 

練習をすると、まだ痛みが出ることもありますが、先生にお話ししたら「良くなって、練習して、また少し痛みが出て、また施術して良くなって、それで少しずつ良くなっていく。」とおっしゃってくださいました。
「前のように水が溜まっていくこともなく、痛みも今までとは種類が違うはずだよ。」と言われ、戻ってしまっている訳ではないんだなと、ホッとしました。
練習や試合をして、痛くなったり腫れたりしても、回復が早くなったり、腫れが引くのが早かったりしているので、今後が楽しみです。

 

  

ー 最後に膝の痛みで困っている人たちに一言お願いします。

 

お友達に、近々手術という方がいたのですが、「もう一度考えて、やすらぎに行ってみたら。」と話をしたら、考えなおして通い始めた人もいます。
できれば手術をしないで、良くなった方がいいと思うので、自分自身しっかりなおして、良い状態になったら知人にもお勧めしたいと思います。

 

 

ー 本日は、貴重なお話をありがとうございました。