歩けないほど辛かった紫斑病からの回復|紫斑病|お客様インタビュー

MENU


HOME > お客様の声 > 紫斑病 > 歩けないほど辛かった紫斑病からの回復

歩けないほど辛かった紫斑病からの回復

      本日は紫斑病でお困りだった男性にインタビューさせていただきました。


 

 ―いつからどのように痛くなったか、今回の症状についてお伺いします。

 

はい! 2017年の11月、まず初めに足の紫斑がボツボツと少しずつ出てきて、

  そこから日を追うごとに酷くなっていって、年末の頃には足全体がほぼほぼ紫斑

というくらい広がりました。

紫斑が広がっていくのに伴って、関節にも痛みが出てきました。

足首・膝・肘に痛みが強く出て、特に足首の痛みは歩けないくらい酷く痛かったです。


 

―銀座店にお越しいただいた時もかなり痛みが酷かったですものね。

最初、どのように対処したかをお伺いしたいのですが、例えば病院やマッサージ、

整体などに行ったか、薬などを服用したかなど教えてください

 

あーーはい! 初めに近所の皮膚科に行って、その後整形外科に行って、その後内科に行って、まぁどこに行っても詳しくは分からないと言われ、そこから大きな病院に行くという流れになりました。

 

―大きな病院に行くまで、どこに行っても分からないと言われたというのは、

紫斑病かどうか分からなかったということですか?

 

紫斑病とは言われましたが、具体的な治療を提案してくれる訳ではなくて、

とりあえず薬で様子をみましょう的な感じでしたかね。

  薬も紫斑病に対するというわけではなく、普通の痛み止め。

  まぁ最終的に分からないので、最寄りの大きな病院を紹介されて、そこで総合内科みたいなところに行きました。

それでも原因が明確では無い為、最終的に大学病院のほうに。

 

―その結果、症状や痛みに変化はあったのか。

その時はどう思いましたか?なにかしなきゃならないとか

 

まあ、ちょっととりあえず治療自体が始まらなかったので、痛み止めと検査の繰り返しで少なくとも症状が改善するということがなく、紫斑よりも足首と関節の痛みが酷くて仕事に行くのも辛くなっていた時期でした。

なにかしら治療法が他に無いかなと探したところ、やすらぎさんを見つけました

 

―では、やすらぎを知ったきっかけというのも、進展がなかったのでネットで検索したと?

 

整体師の友達がいて、そういうのをやっている場所もあるからというので、その人が地元の愛知に居るんですけど、こっちの関東のほうでもあると思うから、と検索したらここがヒットしました

 

―愛知の方が検索をしたら愛知のやすらぎ系列のところが?

 

というわけではなく、元々そういう整体のほうで紫斑に効くという話を聞いたことあるから調べてみたら?と。

 

―やすらぎ銀座店に来て頂いたのは2月3日が最初でしたね 施術後に身体にどのような変化があったか時事系列で伺っていきたいのですが

初め受けた時は紫斑というよりも関節の痛みのが酷かった時期で、正直歩けないくらいの状態だったのですけど、施術を受ける度に足首等の痛みが緩和されていってだいぶ歩けるようになり、痛みはありますけど少しづつ治ってきたのでそこが改善したことです。

紫斑については一回施術を受けると一回バッと強く出ることもあるよ、と松永さんがおっしゃっていたのでそこまで気にせずに、受けてから出たりひいたりを繰り返して一回は出るんですが、後のひき具合が早くなっていきました。

 

―施術に対して率直な感想を伺いたのですが

 

率直ですか。整体自体は元々スポーツをやっていて腰等を痛めることが多かったので頻繁に通っていたのですが、こういうゆらし整体は初めて受けて、初めは良くわからない感じがありましたけど、HPに紫斑に効くというのがあったのと、少なくとも普通の病院だとどこも治療してくれるところがその時は無かったので先ずは試してみようというところでした。

 

―複数回は先ずは行ってみようというところがあったのですね

 

一番大きかったのは歩くのが楽になったというのが、まあ紫斑もそうですけど、

どちらかというと歩くのが出来る様になったというのが、仕事に行く事が、

何処にも出かけることが出来なくなったというので、ちょっとまずいなと。

そこら辺は間違いなく歩けるように改善していったので。

 

 

―特に改善したかなあと思う、私からの話しですが、4回目から5回目のときですね、

2月3日が1回目、10日が2回目、24日が3回目、3月3日が4回目、17日が5回目、今日が6回目なんですけど、4回目と5回目の間の二週の間に紫斑だったり身体の改善がすごく見えた感じがしました。

3月17日ですけれど、その時にはもう紫斑が消えてる、今回までもずっと出ていないし、既にお酒も飲まれているということなので、この病気に対することだったりもそうですし、やすらぎに対してでも良いですし、同じ様な症状で困っている方にでも宜しいので最後に一言、同じ症状の方に一言お願いしたいのですが

 

A 紫斑自体の原因が不明。結局、根本的な原因は不明かもしれませんが、俗に言われているのが運動するな、あとお酒を飲むなというのがあって初めのうちは、全然運動が出来なかったのですが、無理矢理出かけたりしていたのと、お酒は通常通り飲んでいました。

本格的にこちらで治療を初めてからはお酒も殆ど飲まないし、土日も不必要には外に出ない家でおとなしくしてるというのが辛抱強く続けてから改善が見えたので身体は正直だなと思いました。

良くなってからは、今もそうですけど、もうお酒を飲んでも紫斑が出る事はないですし痛みもありません。

 


 

―今後も恐怖感だったり、また出るかもという不安感があるかもしれないので、

これからもし身体が疲れたなあというときはメンテナンスでもご相談等でも結構ですのでご連絡ください。

本日のインタビューは以上になります。

貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。