立ち上がれない程の痛みに悩まされた紫斑病を克服|紫斑病|お客様インタビュー|恵比寿療法院やすらぎ新宿店

MENU


HOME > お客様の声 > 紫斑病 > 立ち上がれない程の痛みに悩まされた紫斑病を克服

立ち上がれない程の痛みに悩まされた紫斑病を克服

(※効果には個人差があります)

一時は布団からも立ち上がれない程の痛みに悩まされた寺井尚美さん(仮名)に、紫斑病を克服したお話を伺いました。

ー いつからどのような症状でしたか?

 

一昨年の夏頃から具合が悪くなり日増しに悪くなっていきました。

私の場合最初は紫斑が出ていなくて、膝とか関節の痛みがひどく出ました。

 

病院でも理由が分からなくて、膠原病科にずっとかかっていたんですが、「痛み止めしか出せない」と言われて、ひたすら痛み止めを飲んでいました。

ただ痛み止めも全然効かなくて、その時はしばらく辛い状況が続いてましたね。

 

 

ー 最初は膠原病かもしれないという事だったんですか?

 

そうですね。関節のみが痛かったので、リウマチや膠原病の検査をしていました。

ただ膠原病の一番スペシャリストの先生にあててもらったんですけど、その先生は専門家だから「あなたが膠原病じゃないっていうのはわかります」って言われちゃったんですよ。

 

「関節は痛いけれども、リウマチとか膠原病ではありません。数値にも出てはいないし、理由は僕にもわかりません。」って言われて、だから痛み止めしか処方されなくて。

 

それから半月たった頃、主人に支えてもらわないと布団からも立ち上がれないぐらいの状態になってしまって、次の日初めて紫斑が出たんです。

 

膠原病科に行ったら「紫斑が出てるので皮膚科に行った方がいい」と言われて、皮膚科に行くとその場で紫斑病だと言われました。

その時はステロイドを飲んだら痛みは一気に治まってきました。

8月から12月ぐらいまではステロイドを飲んで症状は回復しました。

 

それでまた暮れに、膝の裏の痛みとか関節の痛みが出てきて、病院に行ったんですけど、紫斑が出てないので薬ももらえないし、「様子を見てください」としか言われず、もうどうしようかすごい不安になりました。

 

「酷くなる前にどうにかしたい」という思いがあったのでインターネットで紫斑病のことをいろいろ検索して、やすらぎを知りました。

ー やすらぎのホームページを見つけた時はどう思われましたか?

 

薬を飲まないで治るんだったら行ってみようって思いましたね。

根本的にはステロイドは飲まなければ飲まない方がいいという薬なので。

 

 

ー こちらに初めて来て、施術を受けた時の感想はどうでしたか?

 

正直その日はあんまり…。

ちょっといいかなっと思ったんですけど、すぐに効果かがあるって感じではなかったんですね。

次の日はかえってちょっと調子が悪くって、「揉み返しみたいな感じなのかなぁ」なんていうのがあったんですけど、3日ぐらいしたら、ほんとに痛みが少なくなったんですよね。

2回目に来た時にはだいぶ膝の痛みも良かったですね。

 

 

ー 今日は4回目の来院ですが痛み違和感や体の調子はどうですか?

 

今はもうほとんどないですね。普通に生活しています。

ー 最後に同じ症状に悩む方々に一言お願いします。

 

やっぱり病院に通っててもなかなか良くならない方、私はたまたま前回の時は病院だけでだいぶ良くななりましたけど、それでもやっぱりぶりかえす事もあるので、やっぱり病院だけでもなかなか…、繰り返してる方もいらっしゃると思うんですね。

なので、是非1回来て、受けた方がいいかなぁとは思いますよね。

 

やっぱり痛みが取れたっていうのがすごい一番ですよね。

痛みがあると生活に支障出てくるし、ましてや主婦なので寝てるわけにもいかないし、だから痛みがなくなったっていうのが一番ありがたいですね。

 

 

ー 本日は貴重なお話をありがとうございました。